一人暮らしの初期費用を大幅に下げる方法(シェアハウス)

一人暮らしの初期費用を大幅に下げる方法(シェアハウス)

一人暮らしをするとなると、お金がかかるイメージありますよね。いま新生活で必要な道具や引っ越し費用に関する記事をいろいろ書いていますが、一人暮らしで最初に必要となる費用は総額40~60万くらいかかります(高いですよね)。読者の中には大学進学を機に上京される方もいると思いますが、塾の費用や大学の入学金など両親に払ってもらっていて、これ以上負担をかけたくないという方もいるんじゃないでしょうか?
この記事では、新生活の初期費用をなるべく安く抑える方法として、シェアハウスを紹介したいと思います。

なぜシェアハウスが一人暮らしの初期費用を大幅に下げる方法なのか?

シェアハウスは、身一つで入居することができます。それに対し、物件を借りる場合は、「物件を借りる費用+新生活に必要な道具を揃える費用+引っ越し費用」が必要となります。(パッと計算しただけでも)シェアハウスに住めば初期費用が30万円ほど抑えることができます!

一人暮らしの初期に必要なそれぞれの費用

a) 部屋を借りる費用

一人暮らしの部屋を不動産屋さん経由で借りると以下の費用がかかります。
例)一ヶ月の家賃が6万円の場合でも、総額31万円なります。

  • 敷金   (家賃一ヶ月分程度)
  • 礼金   (家賃一ヶ月分程度)
  • 仲介手数料(家賃一ヶ月分程度)
  • 前家賃  (家賃一ヶ月分程度)
  • 賃貸保証料(家賃半月分程度)
  • 鍵交換費用(1万〜2万円弱)
  • 火災保険料(約2万円程度)

b) 新生活に必要な道具を揃える費用

新生活に必要な家電・家具・生活用品をそろぞれ試算してみました。
揃えるものの質にもよりますが、最低でも11万円ほどは必要となります。

  • 家電   (6〜8万円)
  • 家具   (3〜10万円)
  • 生活用品 (2〜3万円)

c) 引っ越し費用

引っ越し費用は荷物の量と日程、移動距離によって大きく変わります。
ここは3万〜8万円くらいと見積もっておきましょう。

MEMO
やはり一人暮らしの初期費用は最低でも総額40万円以上必要となります。
こちらの費用は日本全国どんな部屋に住むとしても変わらないです。

d) シェアハウスの初期費用

シェアハウスに必要な初期費用は、家賃・共益費(1万円程度)・敷金(家賃一ヶ月分程度)のみです。
身一つで入居できるので家具・家電・生活用品は必要ありません。※料理に必要な鍋やお皿も完備され、中には調味料も完備しているシェアハウスもあります
例)一ヶ月の家賃が6万円の場合だと13万円だけで、一人暮らしに必要な費用の40~60万と比べると格安です。

新生活をはじめる人にシェアハウスを勧める理由

これまで一人暮らしとシェアハウス、両方で生活してみてわかったシェアハウスのメリットをまとめてみました。

  • 初期費用を安く抑えられる
  • 月の生活費(光熱費やインターネット代)が抑えられる
  • 一緒にご飯を食べる人がいるから、一人暮らし特有の寂しさがない
  • 年齢が違う友達ができる
  • 年上の人と話す機会があり学びがある
  • 恋人ができる可能性も

特に学生の人には社会人がいるシェアハウスへの入居をおすすめします。人生の先輩たちが、学生生活の過ごし方や恋愛相談などいろいろ相談に乗ってくれ、就活のときには力強い存在になってくれると思います。

大学の4年間ずっとシェアハウスに住んでいた会社の後輩が言っていたことが印象的で、「住人の社会人の人と大学1年の頃から話していたので自然と大人慣れすることができ、おすすめの本を借りたり飲みに連れてってもらい本当にいい思い出になった」と言っていました。(多様な人がいる環境に身を置くこと意識してくても人を成長させるんだな)と思いました。

シェアハウスってどんなところ

シェアハウスは、自室以外のリビングやキッチン・浴室・トイレなどを入居者と共有して利用する形態の共同住宅です。
自室の部屋は、値段によって大きく変わり、ドミトリー形式(一部屋を4~8人でシェアする相部屋タイプ)や個室(ベッドと机が完備)があります。また、高額なシェアハウスだとワンルームの料金と変わらないですが、その分ジャグジーやジムが付いていたりします。

一人暮らしの初期費用を大幅に下げる方法

ネイバーズ立川  ¥45,000 1BR

一人暮らしの初期費用を大幅に下げる方法

ソーシャルアパートメント新検見川 ¥43,000 1BR

一人暮らしの初期費用を大幅に下げる方法

ソーシャルアパートメント江田  ¥45,000 1BR

一人暮らしの初期費用を大幅に下げる方法

ネイバーズ本八幡  ¥48,000 1BR

どんな人たちが住んでいるのか?

ぼくもシェアハウスに入居する前は(正直言って)お金を節約したい人が住んでいるイメージですが、実際住んでいる人と話すと多様な理由がありました。実際、シェアハウスの中にはワンルームの家賃と変わらないところもありますが、そこに住んでいるような人たちは明らかに人の交流を目的にしていました。

おそらく家賃の安いシェアハウスは金銭的な理由が目的で入居している人が多く、家賃が高いシェアハウスほど人との交流を目的にしていると思います。

おすすめのシェアハウス

本当に安い部屋がよければドミトリー形式(一部屋を4~8人でシェアする相部屋タイプ)だと思いますが、はじめての共同生活でプライベートもしっかりほしい人なら個室(ベッドと机が完備)をオススメします。
個室があればプライベートはかなり確保され、人と交流したくないときは個室にずっといれば問題ないです。
個人的にはワンルームと同じくらいの料金のシェアハウスの方がオススメです。設備は充実していて、掃除はシェアハウスの運営会社がしてくれ、住んでいる人たちも変な人が少ないです。
(聞いた話ですが、安いシェアハウスだと住人同士の金銭的なトラブルが多いそうです)

もしシェアハウスが合わなかった?

シェアハウスに住んでいれば、どうしても合わない人いたり、トラブルが起きたりします。
しかし、もし嫌なことがあればそのシェアハウスを出て、別のシェアハウスに行けばいいだけの話です。また、どうしても一人暮らしをしたければ、お金が貯まるまで我慢して退去すればいいと思います。

シェアハウスの見つけかた

1. ひつじ不動産

一人暮らしの初期費用を大幅に下げる方法

2. ソーシャルアパートメント
一人暮らしの初期費用を大幅に下げる方法

3. オークハウス

一人暮らしの初期費用を大幅に下げる方法

4. シェアパレード
一人暮らしの初期費用を大幅に下げる方法

5. シェアシェア
一人暮らしの初期費用を大幅に下げる方法

まとめ

以上、一人暮らしの初期費用を大幅に下げる方法としてシェアハウスという選択肢を紹介してみました。
わりとガッツリシェアハウスをゴリゴリ推してみましたが、シェアハウスの運営会社からは一円ももらっていません(笑)
たまたまTwitterで「上京するのにお金がかかって両親に申し訳ない」という内容の投稿を見つけ、この記事を書くことを決めました。本当に一人暮らしをはじめるとお金がかかるので、ただ住むだけの部屋に大金を使わず、そのお金をスペックの良いPCを買ったり、留学資金に充ててもらえたらと思います。