一人暮らしにおすすめのカーテンを選んでみた

一人暮らしにおすすめのカーテン

この記事では一人暮らし向けのカーテン選びのポイントと実用的かつ北欧テイストのおしゃれなカーテンを紹介します。カーテンにはいくつか機能がついていますが、おすすめな機能は「遮光カーテン」と「ミラーレース」です。おしゃれなカーテンもいいですが、防犯や部屋の快適性を考慮して実用的なカーテンを選びましょう。

一人暮らしのカーテンに求められる機能性

遮光性

遮光カーテンは、光を遮ることを目的とした種類のカーテンです。この機能がないカーテンだと、部屋に朝陽が入り込み、朝早くから睡眠が妨害されてしまいます。また、直射日光や西日も防ぐので、特に夏の暑い日は室内温度が上がらず快適に過ごせます。

遮光性の等級

遮光1級:遮光率は99.99%以上。隙間からしか光が入ってこないイメージ。

遮光2級:遮光率は99.80%以上。カーテン越しに、光がほんのり透けるイメージ。

遮光3級:遮光率は99.40%以上。カーテン越しに、光が透けるイメージ。

ミラーレス性

ミラーレスカーテンは、外から中を見えにくくする効果があります。特に女性は防犯上の理由からもミラーレスカーテンの設置をおすすめします。

カーテンの幅の計り方

カーテンレールの幅の計り方ですが、重要なのは「カーテンレールが付いてない状態の窓から測らない」という点だけです。購入前にきちんとカーテンの幅を確認しておきましょう!

幅の採寸

一人暮らしにおすすめのカーテン

片方の固定ランナーの中心から、もう片方の固定ランナー中心までを測ってください。
(ニトリ)

丈の採寸

一人暮らしにおすすめのカーテン

ランナーの下から窓枠の下までを計測目安とし、プラス15~20cmがおすすめです。
(ニトリ)

カーテンのデザインの選び方

カーテンを落ち着いた色にしたい場合

一人暮らしにおすすめのカーテン(落ち着いた色)

カーテンをソファやベッドカバーなどと同系色にすると、落ち着いた部屋の印象になります。カーテンは面積が広く、部屋の中で占める割合が多いので部屋に合った色を選ぶようにしましょう。

カーテンにアクセントを加える場合

一人暮らしにおすすめのカーテン(アクセント色)

カーテンにアクセントを加えたい場合は、その他の家具に色味はあまり使わないようにしましょう。インテリアのコーディネートの方法として、何か一つのアイテムにアクセントカラーを加えるとグッとおしゃれな部屋に変わります!

一人暮らしにおすすめのカーテン

メインとなるカーテンは機能が高いことを前提に、デザイン性と価格を考慮してセレクトしました。

形状記憶 カーテン NOCHE

一人暮らしにおすすめのカーテン

価格(税込):¥4,104-
こちらのカーテンは、遮光加工(1級)が施されており、外からの光・室内の光を通しにくい仕様です。

      商品をみる     

ディズニー ミッキー カーテン

一人暮らしにおすすめのカーテン

価格(税込):¥5,940-
よく見ると、植物の中にミッキーのシルエットが隠れているカーテンです。ウォッシャブル、形状記憶と高い品質も魅力的です。

      商品をみる     

北欧風デザイン カーテン

一人暮らしにおすすめのカーテンを選んでみた

価格(税込):¥4,104-
大柄な花びらが部屋のワンアクセントになるカーテンです。遮光2級をはじめ、ウォッシャブル機能や形状記憶加工を施した、機能性も高いカーテンでもあります。

      商品をみる     

一人暮らしにおすすめのレースのカーテン

レースのカーテンは無地なため、ミラーレスで機能性が高いものをセレクトしました。この品は値段も安くサイズも豊富なので、レビューの評価の高いこちらの品で問題ないと思います。

外から見えにくいミラーレスカーテン

一人暮らしにおすすめのカーテン

価格(税込):¥1,950-
​お部屋にあわせやすい白色のストライプ柄ミラーレースカーテンです。裏面に反射力のある光沢糸を編み込み、外から中を見えにくくするミラー効果を高めてあります。

      商品をみる     

まとめ

一人暮らしの人におすすめのカーテンを選んでみましたが、いかがでしたでしょか?
カーテンは部屋の印象を大きく変えますし、地味に機能的にも部屋の快適性に貢献します。ぼくは西日の強い部屋に住んでいたので、少し高いけど遮熱性のカーテンを買って良かったです!